検索

お茶が服を脱ぐ。

「裸のお茶なんやで」 そう言われて、茶の味が変わりました。 --- 滋賀県甲賀市信楽町、朝宮。 最澄が仙禅寺に茶種を播いたのが事のはじまりとされる、国内最古の茶どころのひとつへ。 朝宮の地で茶業を営む、北田園の北田耕平さん(74)にお会いしました。 もともと武家だった北田家が刀を置き、 茶農家としての営みを始めたのは推定して江戸時代。 初代園主は「北田かんべえ(漢字不詳)」さんだったので、 当初の屋号は「マルカン」でした。〇の中に「勘」。 長い時を経て、耕平さんはカンベエさんから数えて第4あるいは5代目にあたります。 なんと彼の弟さんが、僕と同じ島本町に在住なのだと知りました。 しかもけっこう近所…なんとなんと…これを「茶縁」といいます。 耕平さんのご子息も北田園で就農しており、 若さ・創意工夫で、これからの朝宮をけん引する存在だと聞いています。 朝宮に点在する圃場のうち、ひとつにお連れ頂きました。 ここに植わっているのは、すべて「やぶきた」種。 昭和に爆発的普及をみた品種で、国内で商業栽培されるお茶のうち9割以上を独占しています。 農薬は限定的にしか使わず、昔から比較するとガツンと減ったようです。 そもそも農薬はコストがかなりかさみ、散布するだけでも相当の作業量であるだけでなく、 益虫までも殺し結果的に茶園の生態バランスを崩してしまいます。 使わないで済むのなら、薬のかかっていないお茶を飲みたいものです。 また、当然ですが散布作業にあたる農家さんの身体的負担は相当なものと思われます。 真夏でもマスクをし、全身を覆って…僕にはとうてい真似できない仕事です。 --- さて、朝宮の

茶粥と暮らし

お茶というと、 優雅で、上品…なんてイメージがついてまわるのですが… そんな側面だけではない話をご紹介します。 以下は谷坂智佳子さんの著作、『自家用茶の民俗』(大河書房、2004年)から、 135-136ページを引用させて頂いたものです。 この場を借りて、フィルードワークをもとに 素晴らしい暮らしの記録を集めておられる谷坂さんに、お礼を申し上げたいと思います。 ---(以下引用) 和歌山県西牟婁郡中辺路町のTさん(明治43年生まれ)は… (中略) 12歳になったとき、家の事情で九州・五木村に炭焼きに行っていた叔父さんのところに 一家で移り住んだ。 五木村でも家の飲み分の茶は釜炒りでつくった。 五木村の茶は苦く、茶粥には不向きであったが、我慢して食べた。 茶粥にはやはり、古葉が入っている茶のほうがおいしい。 家にあまり茶がなかったので、近所の人の家で摘ませてもらった。 父(明治12年生まれ)は、茶粥のためには古葉を摘みたかったが、 それを村人に見られると恥ずかしかったのか、籠の底には古葉をたくさん摘んでおいて、 新芽をその上に被せて、新芽ばかりを摘んでいるように見せかけて、家で一緒に笑った。 父との遠い思い出である。 五木村でも三食とも茶粥(塩なし)を食べていた。ヒエ・アワ・アズキをよく入れて食べた。 叔父さんも茶粥を食べていたと思う。 数年後、和歌山に帰ってきて、昭和のはじめに結婚。中辺路町に来た。 しかし、それからも苦労は続き、戦後は炭焼きをして渡り歩く生活が数年あった。 炭焼き場の近くに小屋を建てて住み、夫婦で日々、炭焼きに精を出した。 そこでも毎食茶粥であった。 黒炭をつ

Q.高ければおいしいか?

質問です。 同じ食品で、高いものと安いものを比べたら、高い方がおいしいですか? 今日はそれを僕が試してみました。 なかなかこういう比較は普段できないでしょうし、 それにひとつ心にとめてもらいたい話です。 お茶に限らずとも、いろんなことに応用できるかもしれません◎ 用意したのは、宮崎県から釜炒り茶を4種類。 同じ生産者が、自分の茶園で育て、自ら製茶したものです。 でも、最初に言っておきたいことがあります。 それは、4種それぞれにとてもおいしかったこと! お茶を愛している生産者だということが、それとなく、におってきます。 生産者の人柄が、お茶に出る。 --- さて本題です。 4種を、ABCDとします。 A → 約 1,600円 / 100g この茶園で最も高いお茶。 B → 約 1,000円 / 100g C → 約 600円 / 100g D → おまけだったので不明。 しかし一般的にいって、かなり低価格のお茶と思われます。 この4種で最も安いでしょう。 一般的に「高いお茶は冷ませ」といいますが、それはしませんでした。 ぜんぶ熱湯で一気に淹れて、ありのままを感じ取りたかったからです。 --- 改めて問います。 高いものはおいしいか? --- A → うまみが強く、ひと口の存在感が強大です。お茶だけで、お腹がいっぱいになる。 釜炒りの香ばしさも漂わせるものの…これを覆うほどの、脳天に「ゴン」と来るアミノ酸を感じます。 「インパクト」がすなわち「高価格」だとすれば、わかる気もします。 ただ、2煎目以降、急激に香味が悪くなりました。 「ごめん、1煎しか頑張れんわ」と茶葉が言っているよう

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら