検索

脈々と、家族。

家族。やっぱり、なんにしても、暮らしの基本なのでした。 素敵家族、後藤家に会いに行った話。 --- 静岡県藤枝市「やまに園」に行った帰り、愛知県に立ち寄りました。 お目当ては豊橋市「ごとう製茶」さん。 少し前に常滑市を訪問したとき、その評判を聞きつけこれは行かなきゃ!と早速アポをとったのでした。 まず、愛知県にあまりなじみのない僕もびっくり。 茶園の近くまで来ても、車車…まさしく「轟」の大渋滞。周囲に山もないし、緑も特段見当たらない… ただただ平地があるのみ。 本当に、本当に、こんなところに評判の茶園が? と、疑心暗鬼なままに到着。 すると、まるでそこだけ他から切り離されたかのような農的空間が突如として眼前に。 おどろく岡村一家。 山もビルもないから、見上げればただ青い空。 なだらかな丘陵に広がる茶畑の黄緑とあいまって、木蓮の紅白がただただ美しい… こんな茶畑の姿もあるんだ!と、大興奮の僕。 出迎えて下さったのは、ごとう製茶代表の後藤元則さんと、奥様の紀生子さん、 それからご子息の潤吏(ヒロサト)さん。(トップの写真で呈茶してくれているのが、潤吏さん) 僕がここを訪ねた目的はふたつ。 代表ご夫婦が力を入れている、番茶の一種「寒茶」と、 潤吏さんのつくる手もみ紅茶。 まずは「寒茶」のお話しをリポートしましょう。 寒茶とは、徳島の宍喰(シシクイ)、愛知の足助(アスケ)、そして長野の飯田などのものが 有名な番茶の一種です。けれどもコメが、ある地方だけのものではないように、 全国各地で自然に生えている茶を材料に作られてきたものではないかと思います。 元則さんと紀生子さんは、愛知の足助で

太陽があるから大丈夫。

こんにちは。 産まれて初めて、静岡県を訪ねてきました。 目的地は、藤枝市「やまに園」。 釜炒り茶の作り手、小柳勉さんに会いに行ってきたのです。 ※念のため。冒頭の写真は、僕ですよ! ^^ まずは、やまに園の紹介から。 ここはもともと茶園ではありませんでした。 みかん畑であった圃場が、あるとき干ばつにあって枯れてしまったそうです。 それを茶畑に仕立て直したのが今の姿。 そういえば周囲に、みかん農家が多いような気がしていました。 この茶畑。すごいところにあります。 この、いかにも男子の心をくすぐりそうなマシンは、「モノラック」。 農業用モノレールなんです。 これを使わないと、やまに園の畑には行けません! ものすごい急こう配でも、年季の入ったモノラックは どでかい音を立てながら上がることが出来ます。 噂には聞いていましたが、ディズニーランドより楽しかったです。 モノラックで、とんでもない高台にまで上がってきました。 ふだんは、小柳さんとイノシシ以外が上がってくることのない、神聖なる畑。 (イノシシが茶を食べることはありませんが、畑に自生する山芋とか、 秋口には栗を拾いにくるのだそうです) 遠くに見えているのは、新東名高速道路です。 このお茶は、「印度系雑種131号」。通常「印雑131」です。 さわやかな色の新芽がムクリと顔を出していますね。 明治のころ、インドより導入されたお茶から採った実を育て、 そのなかから優れたものを選抜した品種。 特徴は、「早生(わせ)」であることと、ユニークなかおりです。 「早生」とは、収穫適期が早くやってくること。 スーパーにならぶみかんにも、よく「わせ」

道具が暮らしの屋台骨。

道具って、大事です。 きょうは常滑市へ行ってきました。 ちょうど morrina で、台湾茶師の浦山尚弥さんと、 作家の水野陽景さんのコラボレーション企画が催されていたので 駆けつけたのです。 morrina (モリーナ)は、よいお店。 日々の暮らしのなかで大切に使うことのできる道具(茶器を中心に)を、 大切に陳列し、大切にスタッフの方が説明してくれます。 なかでも代表の杉江さんは、とっても愛情深い眼差しでもって 急須の説明をしてくださいました。 「もう、常滑の焼きものが好きで好きでたまらんわい」と顔に書いてありました。 そういう人が輝いている店、いいですよね。 今回 morrina では、水野さんの作品のうち蓋椀(がいわん)と、藻がけ急須を 家に連れてかえらせてもらうことにしました。 写真が、その藻がけ急須。 急須を釜で焼くときに、藻をかけておくのだそうです。 これ、ほんとに、素敵な道具です。 飾っておくには勿体ない。毎日、毎日、使いまくろう。そう思えるものです。 末代までずっと継いでいきたいもの。 今後、イベントで呈茶できるときには、連れていこうと思っています。 さてイベントなどでお茶を淹れていると、 「その道具、いいですね」なんて声を掛けてくださる方もいます。 いい道具を見ていると、理屈抜きで「いいな」という感じが沸き上がります。 それ、とても大事な感覚だと思うのです。 一方で巷は、どこの誰が作ったのかわからない、 なんだか心を感じることのない道具であふれかえっています。 そういう道具の、機能性やデザインはさておき。 「ずっと手元に、大切に置いておきたいな」って思えるでし

無理しない農家。

奈良市、都祁南之庄町(つげみなみのしょうちょう)。 ここに、「無理しない農家」羽間一登さんが住まわれています。 ずっと前から会いたいと願いつつも、なかなか叶わずにいたのですが このたびやっと!出会うことが出来ました。 羽間さんは大阪の堺市生まれ。 大阪府立の農業高校、岐阜の農業大学校に通い、その後は北海道や大阪で 無農薬有機栽培や、自然農法を学び続けてこられました。 かの「わら一本の革命」の福岡正信さんにも、一念発起して自転車で愛媛まで 会いにいったという健脚の持ち主なのです。 羽間さんは、茶だけを作っている農家ではありません。 野菜、原木しいたけ、米も幅広く手掛けるプロフェッショナルです。しかもぜんぶ自然農法。 *自然農法の定義にはさまざまあるようですが、基本的に「無農薬・無施肥」といってよさそうです。 羽間農園のスタッフ。羽間さんの奥さまと、羽間さんの妹ご夫婦。若くて、賑やかで楽しそうですね! 手に持っているのは原木椎茸の、ほだ木。 そもそも僕が羽間さんに会いたいと思ったきっかけ。それは彼のつくる番茶でした。 あいにく写真がないので、想像してお読みください… 3年ほど前のある日、僕は高熱に伏せっていました。 その日の午前中、ひょんなことで知った羽間さんの番茶が家に届いたのです。 高熱も、僕の「お茶飲みたい熱」を邪魔することはありませんでした。 フラフラになりながらも台所で茶を淹れ、ひとくちすすりました。 すると、なんだこれは! 茶が喉もとを通り過ぎるや否や、全身にしみ渡るような感覚を覚えたのです。 よく水を吸うタオルの先端を水面にちょいとつけたときのように、 じわじわっと羽

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら