検索

反比例。

百聞は一見に如かず。 4月1日から8日まで、九州に行ってきました。 目的は、九州にいまも残る「釜炒り茶」の生産者を訪ねること。 日程はこんな感じでした。 <熊本> 4/2 八代市泉町の船本さんと面会。 4/3 水俣市薄原(ススハラ)の松本さんと面会。 同市石坂川の天野さんと面会。 4/4 芦北町告(ツゲ)の梶原さんと面会。 <宮崎> 4/5 五ヶ瀬町の宮崎さん・興梠(コオロギ)さんと面会。 4/6 同町の赤藤さんと面会。 4/7 椎葉村の椎葉さんと面会。 「あの人のところに行くといい!」という、繋ぎの連鎖で 思っていた旅程とまったく異なる工程です。 最後にお会いした椎葉さんだけは自家用茶を作る方で、 ほかは生業としてお茶を作る方々でした。 父、祖父、または曽祖父が植えたという、在来種の茶樹が、 訪問した多くの家庭で残っていました。 在来種の生み出す味わいは、得てしてさっぱり・あっさり。 釜炒り茶の風味ともよくなじんで、「日常のお茶」「暮らしのお茶」とも いうべき風格を備えています。 しかし、在来種は大型機械などが入り込みにくい場所に 植わっていることが多く、刈り取りに手間がかかります。 加えて釜炒り茶の製茶が要する手間もあり、釜炒り茶の本場・九州においても より効率的に生産できる「煎茶」に移行するところが多いと聞きます。 最初に訪問した泉町の船本さんは、その状況下においても あくまでも釜炒り茶を残しておられます。 気が付けば、同町内で釜炒りを行うのは船本さん一家だけになってしまいました。 いまは茶業を息子さんに引き継ぎつつも、ご自身の創作意欲は 絶えることなく茶に取り組んで

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら