検索

昨夜に続き、ブログ連続投稿。 ふと思い立って実験をしましたので、その結果をシェアします。 皆さん、急須で作ったお茶って「99%以上が水」ですよ。 水って大事だなと思います。 でも一方で、こうも思いませんか? 「使う水自体の違いなんて、お茶の香味の強さに比べたら僅かだから、打ち消されてしまう。 水にはこだわらなくても大した影響は無いだろう」 どうなんでしょうね。 疑問点は自分で実験すること。だから、改めてやってみました。 --- 実験に使ったお茶と水は次のとおり。 茶 / 朝宮・北田園の煎茶(やぶきた/慣行栽培) →浅蒸し由来のライトな口当たりと、伸びやかな旨みが特徴。 軽いお茶なので水の影響も表に出やすいかなと考えた次第。 水 / ① 大阪府島本町の水道水(地下水90%・淀川水系の水10%) →塩素処理されているためカルキ臭あり。昔はもっとおいしかった。 ② 大阪府島本町 水無瀬神宮で汲む「離宮の水」(名水百選の一で大阪府下では唯一) →水道水独特の臭さはなく、かといって山の水のようなパワフルさもなく、 いい意味で主張のない水です。何に使っても邪魔にならない。 (そのほかの急須や湯呑なども、同じものを2セット用意) 同時に湯冷ましを始め、70℃程度のところで同時に急須へ。 1分半待って、同時に注ぎました。 結果。 ---------------------------- ①水道水の茶 → 旨みとコクを感じた直後、独特の水臭さを微かに感じます。 それが気になってしまい、余韻を楽しみきれない。 ②離宮の水の茶 → ①の「水臭さ」が全くなく、純粋にお茶の性格を感じます。 素直でお茶

手揉みのお茶

久しぶりに、滋賀県の朝宮へ。 「お茶芽Dream朝宮」さんが企画運営しておられる 「朝宮お茶芽大学校」の講座を受けてきました。 内容は「煎茶手揉み体験と淹れ方教室」。 --- 手揉み…本当に難しいけど、楽しい。 現代のオートメーション化された製茶工程が完成する前までは、 炭火のうえに和紙を敷いた上で手揉みをして、茶を作った時代がありました。 現代では機械化されている工程。 考えてみれば当たり前ですが、手揉みによる製茶が基になっています。 生の葉っぱを蒸し、「芯水(しんみず)」と言われる 内部の水分を揉み込みにより押し出し、徐々に乾燥させてゆく。 この基本は、手揉みでも機械でも、同じ! --- 今日はそんな手揉み製茶の後半(揉みきり・でんぐり・こくり)を体験。 講師は朝宮茶の生産者であり、手揉み保存の活動もされている井田龍平さんでした。 会いたかった人でもあり、期せずして目の前にいらっしゃったのでビックリ。 在来で無農薬の茶畑を8反も所有されているんです。在来+無農薬=私の大好物。 (1反は、だいたい1000平米) いや、在来の話はさておき…それを言い出すと長くなる。 手揉み。 「こうやるんですよ」と井田さんのレクチャー。 … … … すいません、無理です! 口承と実践によってしか伝えることの出来ない技術が、彼の手に息づいていました。 めっちゃ、かっこいいですよ。 ここでは詳細を書くことができません。 あの流れを文章化することなど、到底できない。気になる人は検索してみてください。 --- 確かに「マニュアル」は存在するでしょう。 マニュアルとは、「それを読めば誰でもできるもの」で

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら