検索

カフェインと向き合おう 1/2

マーケットに出店してお客さまとお話する機会はたくさんありますが、そのなかでも特に多いのが「お茶とカフェイン」のこと。とりわけ妊婦さんや、小さなお子さま、そしてご高齢の方と同居しておられる方々から多く寄せられます。 カフェインとはそもそも一体どのような物質で、その体に対する影響や摂取にあたりどんなことに注意すべきなのでしょうか。皆さんのご参考にして頂きたく、ここにカフェインについての情報をまとめました。ご活用ください。 1.カフェインとは 『茶の科学用語辞典』(日本茶業技術協会)によれば、カフェインは次のように定義されています。 カフェイン caffeine 茶葉中に含まれる覚醒、利尿、興奮作用をもつプリンアルカロイドのひとつ。コーヒー等の 嗜好飲料にも含まれる。大変昇華しやすく、しばしば保存中に結晶が析出することもある。 覚醒、利尿、興奮作用は特筆すべきカフェインの作用で、お茶が永い間、人類に利用されてきた根源成分と考えられます。1211年に栄西が著した『喫茶養生記』では「茶は養生の仙薬なり、延齢の妙術なり。山谷これを生ずれば、その地、神霊なり。人倫これを採れば、その人長命なり」、や「種々の薬は各々一種の病の薬なり、茶はよく万病の薬となる」といった記述があります。 そのおよそ400年後に出版された李時珍の『本草網目』でも「茶は苦く、甘く、微寒にして毒なし。臓器(注* 陳臓器という人物)曰く、茶は苦く、寒なり、久しく食すれば人をして痩せしむ。また人の脂を去り、人をして眠らざらしむ」と、お茶の薬効が説かれています。 このようにお茶が仙薬として重んじられてきたのは、お茶独特の成分であ

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら