検索

野点 01 / 17.10.09

スケジュール帳を眺めてみると、もう10月で一日まるっと空いている日がひとつも無いことに気が付きました。きょうは午前中だけ空いている。 そうだ、野点しよう。 という訳で、何か楽しいことが起こるかな?そうでもないかな? ちょっとワクワク。小さなお茶道具を携え近くの公園へ行きました。 2歳の娘も一緒です。 そもそも私には茶道の経験が全くないし、淹茶も自己流です。 だからどんなふうにやればいいかよくわかりません。結局自己流です。 とりあえず「お茶どうぞ」と板に書いてみました。 唐突な感じがします。 いわゆる「野点」の様子と比べてすごく質素なのですが、 ここの景色が好きで、それに溶け込みたいから。緋毛氈も赤い傘も着物も、なんにも無し。 (そもそも持ってない!) さて、野点なのだからお茶を淹れないと始まりません。 誰か来るかもしれないし、遠目に「怪しいな」と思われてしまうだけかもしれません。 梶原さん(熊本・芦北町)のお茶を淹れてみました。 うーんきれいだなあ。手摘みのお茶なんです。 摘まれ、炒られ、揉まれ、乾燥して。 そうして久方ぶりに水の力で体を伸ばしたお茶です。 「ここどこですか?」って言ってるようです。ようこそ。ここはよいとこ、島本町です。 娘とカンパイしました。あーおいしい。誰も来なくてもいいや。空気も気持ちいいし。 … ... そうしたら。 「なにしてるんですか?」と、いきなり声をかけられました。 お父さんと、小学生4年生くらいの男の子と、1年生くらいの女の子。 「え、えーとお茶を淹れてます。広瀬に住んでるお茶屋でして。 こっちは娘。よかったら、飲みますか?」 もっと堂々と答え

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら