検索

お茶のブランド / 宇治

京都文教大学にて開催されている「宇治茶文化講座2017」に参加してきました。今日のテーマは「宇治茶の基礎を学ぶ」。 そもそも「宇治茶」って何だかご存じですか?「宇治で作られたお茶でしょ」とお思いの方も多いのでは。 現在は地域団体商標として「宇治茶」の定義が明確に定められています。 宇治茶とは、 京都府・奈良県・滋賀県・三重県の4府県産茶を京都府内業者が京都府内において宇治地域に由来する製法により仕上加工した緑茶 (特許庁 地域団体商標登録案件紹介 より) えっ!とお思いの方もいるかもしれませんが、まずはご一読ください。 宇治茶は、宇治市で生産されたものだけではありません。でも、それもそのはずです。平成28年度に京都府で生産された荒茶(仕上げ加工前のもの)は、約3,000トン。このうち宇治市では、約64トン。自治体別では和束町の1,250トンが最大です。 (京都府茶業統計より) 全国の荒茶生産量が約80,000トンなのを考えると、宇治市だけでの生産は極めて限定的なのがわかると思います。それでも、いたるところで「宇治茶」表示のお茶を見るのは、上記のように4府県内で生産したものを原料としてよいからでしょうか。 私が扱っている滋賀の政所・朝宮や、奈良の都祁・山添といった場所のお茶も、京都に持ち込んでそこで定められた加工を施せば「宇治茶」と名乗れるのです。 参加した講座「宇治茶の基礎を学ぶ」では、このあたりの事情に少し触れられました。 戦後の都市区画整理により宇治の生産量はそれまでと比較して相当に落ちたのだそうです。 近年になって宇治茶ブランドの在り方が検討され、当初は「京都府のお茶が半

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら