検索

旅のリポート / 阿蘇の青柳製釜炒り茶

先日の九州の旅。初日は宮崎県五ヶ瀬町へ。 今回のリポートは、県境をまたいだ熊本県阿蘇市のお話です。 お訪ねしたのは、阿蘇市波野(なみの)にお住まいの東 昌史さん。 チャーミングな笑顔の持ち主で、そのことば一つ一つにお茶に対する温かな気持ちやまじめさが伝わってくる人物です。政所の蓮ちゃんの朗らかさと、日野の満田さんの生真面目さが一緒になったような… 東さんは、同県の芦北にお住いの梶原さんから「岡村くんは、東さんのお茶が好きかもしれない」とご紹介いただきました。2017年5月のこと。すぐに連絡してお茶をとりよせ、ずばりおいしいお茶でした。釜炒り茶ならではの澄んだ香気に、萎凋と呼ばれる工程を経た際の華やかな香り。 やっと12月にお会いできる機会が巡ってきたのです。 それにしても九州で釜炒り茶の生産者を訪ねるのは大変。宮崎の五ヶ瀬のように自治体をあげて釜炒り茶をブランド化させているならまだしも、そのほかのところでは釜炒り茶を守る農家は点在していて、私の場合は佐賀の嬉野、熊本の八代、芦北、水俣、それに宮崎の五ヶ瀬。でもそのお陰さまで、九州各地の様々な表情を見ることができました。単に観光のための目線ではなく、お茶という視点で。 そこに新たに加わろうとしているのが、ここ阿蘇のお茶というわけです。 --- 東さんのお茶は全国的にも流通の少ない釜炒り茶であるだけでなく、その製法にも独特の特徴があります。 彼が使っているのは、金子鉄工所というすでに存在しない会社が製造した、通称「カネコ式」炒り葉機(下写真)。なんと60年もの間、入れ替えずメンテナンスしながら使用しています。 2台のカネコ式炒り葉機

旅のリポート / 五ヶ瀬の手炒り釜炒り茶

こんにちは。 妻と子どもたちが実家に遊びに帰っているあいだ、ここぞとばかりに九州を再び訪ねることにしました。 12月17日(日)の「オーガニック&つながるマーケット in しが」を終えたあと、大阪・梅田から夜行バスで出発です。 18日(月)の朝に到着したのは熊本駅。 夜行バスで相当疲労していましたが、今回のお茶との出会いを思うとだんだん元気になってきました。単純なものです。 レンタカーでひとっ走り。熊本を出て、宮崎県 西臼杵郡 五ヶ瀬町へ。 山裾にひらけた町で、ずっと向こうには阿蘇を臨む素晴らしい眺め。 釜炒り茶は日本で流通するお茶のうち数%ほどしかなく、かつてはどこの地域にもあった庶民のお茶でした。 同じ緑茶の部類に属する煎茶は蒸してつくるのに対して、釜炒り茶は直火の力を利用して茶葉を炒ることで茶の酸化酵素を失活させるもの。 ここ五ヶ瀬は、そんな釜炒り茶の国内生産量のうち6~7割を担っているという貴重な土地。 地域をあげて釜炒り茶のブランド化を推進し、何件もの農家さんがそれぞれの特色あるお茶づくりに切磋琢磨しています。 --- 今回訪問させて頂いたのは、ご両親の代から親子2世代で釜炒り茶をつくる興梠(こうろぎ)洋一さん。 洋一さんが生まれた年から、茶業を本格化させたという興梠家。もとは在来のお茶を生産していましたが、いまでは「やぶきた」種が中心です。5年ほど前から農薬を使用しないスタイルに移行。 実は洋一さん、今年の全国茶品評会 釜炒り茶部門で1位~4位を独占しています。 こちらからその情報をみることが出来ます。 でも今回わたしがお訪ねした目的は、ほかのところにありました。彼

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら