検索

政所で番茶をつくる

こんにちは。 昨日2018年3月19日は、滋賀県東近江市・政所(まんどころ)での番茶づくりに参加しましたので、今回はこのリポートをお伝えしたいと思います。 番茶(晩茶)は、ざっくりと言えば「大きく成熟した茶葉」です。新芽を中心に使う一番茶、二番茶、三番茶とは異なり、それら摘み期の合間だったり、あるいは秋冬や一番茶期前につくられています。 今回は政所での春番茶づくり。前年から冬を越したお茶が原料となるので、大きく固い葉が中心となります。 番茶といっても産地により全くキャラクターが異なります。ここ政所の場合は、番茶といえば「平番茶」(ヒラバン)と呼ばれるものを指します。 この形状の美しさも私は大好きで、茶畑からそのままやってきたかのようです。 ほっこりとした香りは普段使いにもぴったり。微かな酸味は食欲も増進してくれます。 この番茶は、どのようにして作られるのでしょうか。 私が仕入れ先としている山形蓮さんから「手伝って!」と声をかけてもらえたので詳細にリポートします。 訪ねたのは、蛭谷(ひるたに)といって山奥である政所のなかでもひときわ奥のエリア。 傾斜のある斜面に在来のお茶が植えられています。ここでは農薬・肥料を使用しません。 ※在来種・・・人為的に交配を重ねて作り出す品種茶とは異なり、品種改良を経ず種から育ったお茶のこと。現在では品種茶への植え替えが進み、極めて少ない量しか流通しない。土地の気候風土に馴染み、病害虫に対する抵抗の強さが特徴。たとえばここ政所では豪雪の際に品種茶は雪の重さで折れてしまうが、在来種は枝をしならせて耐える。 お茶を刈ります。ひとりで茶摘機を持つのが山形さ

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら