検索

発酵茶をめぐる旅 / ビール・アイス・地蜜

おはようございます。 台風が近畿にも近づいています。慌ただしくなる前に、防災の備えを済ませておきましょうね。 お家でゆっくりされている方。ちょっと退屈なときがあれば、お読みいただけると嬉しいです。 徳島県上勝町を、7月から2か月ぶりに再訪しました。 ここ上勝町は、「上勝阿波晩茶」の産地。 世界でも非常にめずらしい発酵茶に属するもので、乳酸菌の助けを借りてつくる爽やかでおいしい日常茶。我が家の子どもたちも毎日飲んでいます。 ※烏龍茶・紅茶の製造でも「発酵」という言葉を使います。これは酸化酵素とポリフェノールの働きによるもので、阿波晩茶・味噌・ヨーグルト・納豆のように醸してつくるものとは異なります。 今回の訪問にはふたつの目的が。「上勝阿波晩茶祭り」と、上勝のおいしいもの探し。 台風が迫るなかなんとか開催されていた晩茶祭りには、町内で晩茶づくりを継承して販売している10軒の農家が出店。無料で試飲もして、農家ごとの味わいの違いを確かめることができました。 乳酸発酵茶といっても、原料、漬け込みに使う木桶に住む乳酸菌のバリエーション、発酵のさせ方など段取りはみなさん異なります。思った以上に違いのある阿波晩茶の世界です。 写真の女性は、畑中春美さん。当店では、畑中さんの晩茶を扱っています。7月にお茶摘みと製造をご一緒させて頂いて以来の再会でした。お元気そうで何より!(私は右です) 畑中さんだけでなく、この晩茶にはほとんどの農家さんが農薬を使いません。また茶樹は多くが山の急斜面に生える希少な在来種で、味わいだけでなく環境そのものが類まれなお茶です。 畑中さんとの出会いは、そもそもこの冊子がき

発酵番茶の品種が変わります

当店でも人気のお茶、奈良県都祁南之庄町の「発酵番茶」。取り扱い品種が、在来種からさやまかおり種へ変更になります。

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら