検索

枝が入ってるんですけど…

こんにちは。 きょうは、時折よせられるコメントについてお話をしたいと思います。 「いつものかまいりちゃ」をお買い上げいただきました方々は、パッケージを開封するとびっくりされるかもしれません。 なにしろ、ちょうど今の時期、あたり一面に落ちている落ち葉そのもののような形状をしているからです!それに固い枝まで混じっています。 お茶といえば、深緑をした茶葉が、こよりのように撚れてピンと伸びた形を連想しますよね。 だから「なんで落ち葉みたいな見た目なんですか?枝だらけなんですか?」というご意見を時々いただくのも無理はありません。 /// まず、一般的なイメージである「煎茶」のことをお話させてください。 煎茶は5月ごろ、その年最初の新芽が伸びてきたものを刈り取って製造します。このとき茶葉はまだ柔らかく、茎の部分は枝のように硬化しておらず、しなります。 この素材を蒸して、揉んで内側の水分を絞り出しつつ乾燥させるのです。こうして、みなさんが連想する「よれた茶葉」が出来上がります。揉みこむからカサも小さくなります。 一方「いつものかまいりちゃ」は、製造する時期が全く違います。 このお茶は3月ごろ製造します。刈り取る茶葉は前年から冬を越し、大きく成長して固くなったもの。茎の部分もすっかり硬化して、茎というよりはもはや小枝といったほうがよいかもしれません。 これを釜で炒り、軽く揉んでから天日干しして完成させます。揉みこみは煎茶のようにしっかりとは行いません。茶葉が硬いから、あまり力を加えすぎるとボロボロと砕けてしまいます。 そのようなわけで、「いつものかまいりちゃ」は、このように素朴な見た目のお茶と

ひとつひとつ

ふたたび政所を訪ねました。 きょうは、明確な目的があってのこと。 これまでのご縁で政所のことに興味を持ってくださった方を、一気に10名以上お連れすることができたのです。 とはいっても私がお声がけしたのはほんの数名だけで、気が付けばドンドンと「行ってみたい!」という声があがり立派な団体客に。 /// 正午に集合したので、ちょうどお昼時。 山形さんのはからいで、「政所フルコース」です! 政所の米、平番茶、地元在来種の大豆を使った自家製味噌汁に、近くのおばあたちが作ってくれたふろふき大根と柚子味噌、まいたけの酢の物、赤大根の漬物、芋煮、地元特産こんにゃくの煮物… ぜんぶ政所の食材。 米は山形さんの自宅にあるおくどさんで、井戸水から炊いたもの。 「米で米を食らう」としか言いようのないおいしさ… 実は私もここまでがっちりと地元食材の使われた食事をいただくのは初めてでした。 本当の贅沢が極まった時間であったと思います。 政所は、単なる茶どころで片付けられる土地ではありません。お茶を含めた、人の暮らしの本筋を実践する人びとが今も地に足をつけて生きている場所です。 /// 食後は、山形さんの解説をお聴きしながら政所の茶畑をご案内頂きました。 なぜこんな傾斜地にあるのか。なぜ平行した畝になっていないのか。なぜ無農薬なのか。なぜ在来種なのか。 彼女から直接伺うお茶の話に、みなさん「へえ!」とか「ほんとうに!」とか、聞いているだけで気持ちのよくなる反応の連発…本当にお連れすることができてよかった。 いつもはイベントでの出店先でお茶や農家の話をお伝えしている日々ですが、やはり機会をみてこうして現地へ一

鉄瓶で淹れたら本当においしいのか。

こんにちは。 出店先でときどき尋ねられます。 「鉄瓶ってどうなんですか?」 鉄瓶で湯を沸かすって、なんだかいいですよね。お茶もおいしい…ような気がするものです。 私も南部鉄器のものをひとつだけ持っています。 「鉄瓶で淹れたらおいしい」ってよく言いますが本当でしょうか?もちろん、「おいしい気がする」という感覚は大切だと思っています。気に入った道具を使う喜びって、ありますよね。いい急須を手に入れたら、やっぱりおいしいって感じます。 それは「なんとなく」ではなく、お茶は味覚嗅覚だけで楽しむものではないからこそ。正しい感覚だと確信しています。 でも、私はお茶屋でもありますし、実験が好きなので…ちょっと空いた時間で比較実験をしてみました。そのリポートを今回はお届けします。 実験をする前に、ひとつ大切なことを。 鉄瓶のなかには、内側に照りのあるホーロー加工が施されているものがよく出回っています。 見た目は鉄瓶なのですが、実際には水が鉄と直接接しないため鉄は溶けださないと言われており、私はどうせなら鉄がむき出しになっているものをおすすめします。 ただし錆びやすいため手入れは必須。(手入れに関してはいったん割愛します) --- 実験1.白湯 鉄瓶とティファールで湯をわかし、お茶は淹れずに白湯を飲んでみます。 鉄瓶 → 口当たりがかすかに軽く、角のないまろやかな印象です。 ティファール → わずかな塩素臭を感じます。ただし、しっかりと沸騰させることで塩素臭はほとんど抜けるのではないでしょうか。(沸かし過ぎると、きつい味になります) この時点でまず第一に思ったことをひとつ。 そこまで変わりません。

シングルオリジンという甘えについて

※画像はDongreeさんのFBページから拝借 こんにちは。 昨日は、Dongree さんが主宰するイベント「Dongree Special Food Market」に出店させていただきました。 イベントは開始からかなりの盛況で、「よい食べ物・飲み物」の軸を自分なりに持っておられるご様子のお客様が多数お越しに。 日本茶にもたくさんの方が関心を寄せて下さり、「これなら、日本茶はまだまだ大丈夫だ!」と胸をはって言える一日となりました。ドタバタした一日でしたが、おひとりおひとりとしっかりお話をすることも出来ました。その点で本当によかったと思います。 Dongreeの柴崎さん、そしてイベントを支えてくださった多数のボランティアのみなさん、それから多様なお話を聞かせてくださった出店者のみなさんにお礼を言いたいと思います。もちろん、お客様の皆さんにも。本当にありがとうございました。 さて本題はここからです。 自分は「シングルオリジン」に甘えていないか、という話です。 今回、自分の扱っているお茶がシングルオリジンであることをいつもより前に出して販売しました。 そもそも、読者の皆様はシングルオリジン(single origin)ってご存知でしょうか。 コーヒーにおいて、近年よく聞かれる言葉なのではないかと思います。 特定の地域、製造方法など対象を限定したものを指して、このように呼びます。 とりわけ農園まで絞ったものをシングルエステートということもあるそうです。 ですので、私の場合はむしろ単一生産者に絞ったお茶を扱っていますので、シングルエステートと呼ぶほうが正しいのかもしれません。ともかく言葉

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら