検索

古樹番茶

「古樹番茶」の限定販売(99袋)をいよいよ開始しました。 昨年の秋に、京都市のmumokutekiさん店頭にて山形蓮さんと一緒に試飲販売会を行って以来、はじめてパッケージ化してラインナップに加わりました。 古樹番茶のことを今回はお話しましょう。 このお茶は、滋賀県 東近江市 政所の茶樹を使って作られました。政所は茶の栽培が600年続いている非常に古い産地のひとつに数えられ、その品質は古くから名の知れたものでした。ただし現在は、高齢化と過疎化の進行に悩んでいる土地でもあります。 政所で主に作られているのは、新芽を摘んでつくる「蒸し製煎茶」と、硬い葉が原料の「平番茶」です。いずれもほとんど全てが無農薬・有機栽培・在来種。 「古樹番茶」は、煎茶とも平番茶とも異なるお茶です。いったいどんなものなのでしょうか?これからご紹介します。 /// 政所は「奥永源寺」というエリア名でも知られており、今では道路脇にある廃校を利用した道の駅が人気のスポットとなっています。 参考「道の駅 奥永源寺 渓流の里」 実はこの道の駅が整備される前、現在は駐車場である場所に茶畑がありました。その時点ですでに長いあいだ放棄されていた茶畑で、樹齢は5,60年はゆうに達していたそうです。これを伐採する必要がありました。 伐採した茶の古樹。地表面から上に出ている部分すべてを利用して、みごと番茶に生まれ変わらせたのが、この古樹番茶というわけです。 製造にあたっては、当店でも取り扱いのある三年番茶の製法にならっています。 茶を葉と軸にわけて、それぞれ細かくカット。別々に薪火でじっくりと火をいれます。カフェインはほとんど含ま

思い出の話

この週末は、江之子島で開催されている「えのこdeマルシェ」に参加しています。今日は初日。たくさんの方にお茶の話をし、また伺い、お茶とは関係ない雑談もたくさん… お茶を売るためにイベントに立っていると、お茶にまつわる思い出話をしてくださる方もたくさんおられます。私とは個人的な縁が何もない話でも、不思議とほくほくした気持ちになるからおもしろいものです。 遠い昔の話をするときの皆さんの表情は、本当に穏やかで、ゆったりとしたものです。寂しそうな顔をなさるときもあります。 今日お伺いしたお話を、ふたつご紹介したいと思います。 /// お1人目は、地元 大阪で生まれ育ったおばちゃん。 「お茶ゆうたら、昔は香ばしい玄米茶とかを飲んだな。今でこそいろんなお茶があるけど、昔は大阪ではほうじ茶をあんまり飲まんもんやったんや。私のお父さんなんかはな、ほうじ茶のことを、言葉は悪いけど『馬のしょんべんみたいや』と言って飲まんかった。」 今ではほうじ茶が大好きというこのおばちゃんにとって転機だったのは、南森町でかつて開かれていた公設市場だったといいます。 この市場のなかに評判のいいお茶屋が入っており、茶箱にほうじ茶をそのままたっぷり詰めて並べていたそうです。ほうじ茶の注文が入ると、茶箱からたっぷりと袋につめて売ってくれて、それが本当においしかったわ、と仰っていました。「めっちゃ安かった!」と、大阪では欠かせない要素ももちろん! 有名店である○○○のお茶は薄い!と、いかにも大阪びいきという気概も素敵で。自分がこだわりたいお茶のイメージを持っているのは幸せなことだなと、おばちゃんの顔をみて思いました。 ///

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら