検索

茶園の傾き

おはようございます。 知らなくても特段の損はない「茶関係資料」の読み解きを、今朝もやってみたいと思います。お付き合いください。 今日もペラペラと冊子をめくっていると、どうしてこんな統計が…と思ったのがこちら ↓ 「茶園の傾斜度面積」 0~5度、5~10度、10~15度、15度以上の4階級(?)に分かれた、都道府県別の茶園面積表です。 4階級で最も多いのは0~5度で、傾きが大きくなるほど面積割合は小さくなります。 平らな場所であれば大規模な経営がやりやすくなります。 たとえばお茶の摘み取り。かつては手摘みやハサミによる手作業が当たり前だった茶摘みも、今では機械によるものが圧倒的主流です。 私が取引先でよく見かけるのは、2人で運ぶ大型のバリカンのような「可搬型摘採機」です。 ↑ 嬉野の太田さんのお茶摘み。青シャツが太田さんで、後ろ歩きしなければなりません。ご覧のようにスグ横には大きな落差があり、危険な環境で作業しなければならないことも。大きな袋のなかに、刈った後風圧で飛んだ茶葉がたまります。 また、お茶の畝の上をずんずん進んでいく車のような大型の機械もあります。これは「乗用型摘採機」といい、斜面では使えません。転倒する事故の話も耳にしたことがあります。 ↑ こちらも同じ日の太田さん。ひとつの畝の摘み取りにかかる時間が圧倒的に短く済み、しかも「可搬型」なら2~3人でやる作業も、その多くをひとりで出来ます。デメリットは、この機械の重量により土が踏み固められてしまうことと言われています。 さて、斜面の話に戻りましょう。 茶園の面積は別にすれば、「平地の割合が高い都道府県」と「傾いている都

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら