検索

胸ン中ノスカーットスルゴタル茶ダッタ。

熊本県 山都町 馬見原。古くから「釜炒り茶」の中心的産地のひとつであったこの地で、3代続く茶農家として現在も釜炒り茶を守る門内智子さんを訪ねました。

対馬紅茶 製造リポート

昨年12月にはじめて訪ねた長崎県対馬市。 5か月ぶりに再訪して、今年の一番茶でつくる紅茶づくりを(役に立ってないけど)ちょっとだけお手伝いしてきました。摘んでほぼ仕上がるところまでご一緒しました。 大石裕二朗さんとご両親のお世話になり3日間の滞在です。 「対馬紅茶」をご愛飲いただいている方も、それから紅茶のことに興味のある方も、紅茶ができるまでをざっと追ってみたいと思いますのでどうぞご覧くださいね。 --- 対馬はご存知のように離島です。大阪からだと、まずは福岡まで飛行機で行き、それから博多港で高速船に乗り換えます。かつては伊丹空港と対馬空港が結ばれていたようですが、現在はその便がないのです。 今回、博多からBEATLEという高速船に乗り、対馬の北側の玄関口である「比田勝(ひたかつ)」という港へ向かいました。この船はそのまま韓国へ向かう国際便でもあり、博多⇔対馬の国内便と混乗することができるようになっています。ですので船内には韓国人のお客さんもいっぱい。ただし国際線と国内線は、室内で厳格に仕切られています。 --- 博多で船を待つ間、待合室に赤い服をお召しの、ちょうど私の母親と同じくらいかなあという感じの女性がいるのになんとなく気が付いていました。その方のおかげで直後の旅をすることになるとは、このときは思いもよらず… この方は門内智子さんと仰る、熊本県山都町で釜炒り茶と紅茶をつくっておられる方なのでした。今回の旅をご一緒することになります。詳しくは次の記事で。 --- さて夕方に対馬へ到着しました。大石さんが出迎えに来てくださり、ちょっとした対馬北部の名所ツアー! 太平洋戦争の

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら