検索

190歳 / 奈良 旧田原村

数年前、何気なく取り寄せた奈良の番茶がとてつもなくおいしく、そのあとしばらくして農家に電話をしてみたら何と茶業を廃していたことがありました。 あのお茶、また飲みたいな…と思いながら数年。その農家の近隣で同じようなタイプの番茶をつくっていることがわかり、早速電話。送っていただいたのは、親子番茶というもの。親子が安心して飲めるお茶という意味ではありません。一番茶の際には成長していなかった「遅れ芽」と、その下にある硬い親葉をまとめて摘み取ってしまうお茶です。「親葉」は若い芽に対しての表現。茶葉の親子だから、親子番茶。 これは会いにいかなければならないなということで、早速約束をとりつけて行ってきました。奈良県奈良市中ノ庄というところで、市町村合併の前には田原(たわら)という名の村でした。ここで、なんと5代にもわたる茶業を今も続けているのが竹西長士(ながひと)さん・多香子さんご夫妻です。 今回、長士さんは畑の草刈りに大忙しということで、ありがたくも多香子さんのお出迎えのうえ、竹西家の茶業についてたっぷりご案内していただけました。 先代まで化学肥料と農薬を使用する慣行栽培を行っていたそうです。しかし平成7年から無農薬有機栽培に転換し、そのうえ現在ではランチとカフェも楽しめる喫茶室を設けた「遊茶庵」をもご自宅横につくって頑張っておられます。平成7年といえば満田さんも無農薬有機に転換した年。 さてどうして無農薬に転換したのかをお尋ねしました。多香子さんのお話です。 「巷では、お茶をたくさん飲んで健康効果を得ようとはよくいうけれど、栽培では農薬を撒くやないですか。自分で撒いていると、やっぱり怖い

援農 01 / 世界は変えられる

援農。関わり、一緒につくる。その取り組みがいよいよ動き始めましたので、そのリポートと今後のお誘いをお届けしたいと思います。 きっかけは取引先の農家が廃業したこと。それを僕は止めらず、ひとりの力では何もできない自らのちっぽけなことを思い知りました。 飲みたいおいしいお茶を一緒につくるのです。お金と引き換えに製品としてのお茶を享受するばかりではなく、実際に茶畑に足を踏み入れて話をし、関わり、おいしいお茶を一緒につくりだす。 生産と消費の分断を埋めるため、みんなで茶畑に行こう。一緒にやりたい人がたくさんいることを手足を動かして伝え、農家に希望を持ってもらおう。 その気持ちが大きくなり、「乾物屋スモール」のまどかさんともお話を積み重ねて大いに背中を押してもらえました。そうして、援農の取り組みをスタート。 お声がけしたのは滋賀県日野町の満田久樹(みつだ・ひさき)さん。無農薬有機栽培を1997年から一町ニ反の畑で継続している三代目の生産者で、やぶきた種のほかに在来種を多数残している稀有な存在です。当店では「日野荒茶」「日野焙じ茶」を扱っています。 「みんなでわいわいと一緒にお茶をつくる。そういうことは、ずっとやってみたいと思ってきました。ぜひお願いします」とすぐに前向きなお返事をいただきました。無農薬に転換してからというもの、ダメージを受けた茶畑の回復に10年。彼のその苦労を知っているだけに、嬉しい反応です。 Snip! のお二人も呼びかけに大いに力を貸してくださり、「行ってみたい!」と仰ってくれる方の数があっという間に膨らみました。私もこれにはびっくりで、いきなり希望の光が射しこむのを感

わからんばってん

「泉村 釜炒り茶」をBASEオンラインストアに追加しました。「かまいりじまん 黄」の名称を変更し、再度ご紹介するものです。 ☞ https://chaokamura.base.shop/items/24651733 このお茶は、熊本県八代市泉町にお住まいの船本さんがつくっています。これまでもずっと紹介し続けてきたお茶で、私が釜炒り茶というものをはじめて知り、取り寄せたのがこの船本さんのお茶でした。熊本のお茶との最初の出会いでもあります。 はじめて電話したときは緊張したものですが、あの独特の熊本弁の優しいトーンに和やかな気持ちになったことを覚えています。 船本さんのところでは2種類の釜炒り茶をつくっておられます。泉町(旧泉村)では最後の釜炒り茶の生産農家となりました。 御年80を超える繁男さんのお気に入りは、「青柳製釜炒り茶」。葉を炒る最初の工程から昔ながらの丸くて大きな釜を使っており、強い炒り加減から生まれる香ばしさは唯一無二。 しかし「青柳製」は、一般的な煎茶などと比較すると圧倒的に生産量が少なく、労力も手間もかかることから担い手はほとんどいません。繁男さんは「体の元気なうちはつくろうと思っとるけんな」と仰っていましたが、今年2019年は販売に供するほどの生産量はありませんでした。専ら繁男さんたちご家族が家で楽しむだけの量をつくられたようです。 このお茶はたくさんの子どもたちに飲ませたことがありますが、「苦い」とか「おいしくない」と言った子どもは、ただのひとりもいません。 → ほんの少しだけ在庫があります 一方、繁男さんの息子さんである弘之さんが主に担っているのが、若干の効率

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら