© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら

検索
  • 岡村友章

詩と茶で、のほほん


長谷川書店で、詩人の西尾勝彦さんをお迎えしての

「水無瀬のほほんトーク」が開催されました。

僕は、詩人を中心としたのんびり話に、お茶をするりと差し込みました。

西尾さんは、「持たないこと」を実践しておられます。

「実践」といっても、無理してる感じのないところが、印象的でした。

持たないライフスタイルという「広告」に感化された表面的なものでは決してなく、

素朴に、ふわりとあるがままでいらっしゃるという感じ。

真似しようと思っても簡単ではないのでしょう。

ただ、矛盾しているけれど、誰の中にもその芽は

あるだろうなと、そう感じます。

あるときまでは、日本の人の暮らしはそんな風だったからでしょう。

イベントの後半では、詩の朗読。

「朝のはじまり」や「耳の人」、「待つ」などといったご自身の作品を

耳で味わい、ついでにお茶も皆さんに召し上がっていただきました。

きょうのお茶

・奈良県山添村 「いろは」(天日干釜炒)

・宮崎県五ヶ瀬 「香駿」(包種)

・静岡県藤枝市 「藤かおり」(萎凋・釜炒)

お越しいただいた方々と、長谷川書店さん、西尾さん。

ありがとうございました。またどこかでお茶をご一緒に!