検索
  • 岡村友章

コーヒーの空気


「お茶する」という表現に、茶ではないコーヒーが内包されると気が付いたのはここ最近。

なんだかんだで、やっぱり美味しいコーヒーのことが気になります。

◎ お茶は1200年前から。

コーヒーのことを考えるために、お茶も並行させましょう。

平安時代の歴史書「日本後記」は西暦840年に完成しました。

唐から帰った僧侶・永忠さんが、嵯峨天皇に「茶を献上した」…とあります。

書物に茶が初めて登場したとされる箇所です。

こののち日本人のお茶の飲み方は、唐・宋・明…と、

中国から輸入されるスタイルを真似しながら発展しました。

◎ コーヒーは200年前から。

門外漢といっていいほど知らないので、

歴史に関してUCCさんの年表を参照しました。ありがとうUCC!

http://www.ucc.co.jp/enjoy/knowledge/history/

1782年、蘭学者の志筑忠雄は訳本「萬国管窺(ばんこくかんき)」で、

コーヒーのことを「コッヒィ」と記し、これが日本の文献での初登場だそうです。

日本人と茶・コーヒーの出会いには、文献では約1000年も開きがありました。

茶の1000年分のリードを、一気に200年で詰めるコーヒー文化。

なんともいえず、すごいですよね。

◎ 1000年違うけど、共通点も

UCCの年表を眺めていると、最初のほうに「コーヒー発見伝説」が書かれています。

アラビア人のヤギ飼いは、ある豆を食べたヤギが興奮することを知る。

近くの修道院の院長に知らせ、院長が茹でて食べたところ覚醒効果を得た。

やがてこの修道院は「眠らない修道院」と呼ばれ、修行に励んだ…

今では言わずと知れたカフェインの効果ですね。

宗教施設でカフェインを利用して頑張って修行した…

という意味で、お茶も同様です。

鎌倉時代。栄西は「喫茶養生記」のなかで、茶の効能のひとつとして

「睡眠自除」を挙げました。

寺院で、お茶を飲んで僧侶が修行に励んだのだそうです。

コーヒー発見伝説と同じだし、受験生が夜なべするのとも、同じです。

◎ いま、コーヒーとお茶は。

違うような同じなような。ついたり離れたりのお茶とコーヒー。

カフェインを中核に添え、かつ香りを楽しむ嗜好性飲料の側面は共通しています。

でも…歴史は置いといて。

いまの私たちのふだんの暮らしでは、

また役割がちょっと違うような気がしませんか。

そう思ったのは、近所の本屋さんで購入したまんが

「コーヒーもう一杯」(著:山川直人さん)がきっかけです。

https://www.enterbrain.co.jp/product/comic/beam_comic/04253401.html

短編のまんが集で、登場人物の暮らしの折々にコーヒーが登場します。

暮らしのしんどいところ、甘いところ。

いずれをもやんわりと表象し、生活の中にストンと溶け込んでいる

コーヒーという飲み物が描かれているのです。

僕が上に書いたような薀蓄もなければ、

無駄にコーヒーが主張することも、ありません。

でも、たしかな存在感をもって、1杯のコーヒーが描かれています。

ひとりで黙々と入れるドリップコーヒー。

弱ったじいさんに淹れる優しい一杯。

貧乏人が始めて入る豪邸で飲み、思わず唸ってしまう旨い一杯。

冷たい夜風を感じて飲む一杯。

昔を思い出す一杯。

コーヒーはこういう風に暮らしに馴染んでいるんだ!

どんな場面にだって、コーヒーがストンとそこにある。

日本茶が失った、あるいは失いかけているものは、

コーヒーがしっかりと受け止めて頑張っているではないか。

日本のお茶も、もう一度、立ち上がろう。

いや、立ち上がらなくても、机の上にあればいい。

日本茶は、いつもおいしいままで、そこにあった。

変わってしまったのは、お茶じゃなくて、人だ。

コーヒーに学ぼう。

そんな風に思わせてくれた、素敵な一冊でした。

コーヒー文化とそれをとりまく人々に、乾杯!


© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら