検索
  • 岡村友章

非力ゆえ無題


東近江市立図書館で、ノンフィクション作家・飯田辰彦さんの

講演会に参加しました。

そこでの話を、どれほどに僕が皆に伝えたいか。

その背中あわせで、どれほどに言葉にするのが困難か。

今の僕には、ここでは書けない。

書こうと思うけれど、蘊蓄になるのが怖くて、書けない。

でもひとつだけ。

僕がお茶を好きなこと、それとは一見無関係なフリーペーパーを

出していること、それらは連環しているのだと気が付いた。

ずっと、本当にずっと前から自らの奥底にゆらめいている何かが

人肌に温まり、形を持ちはじめたような気がする。

少なくとも、それが鼓動を得て、

「おい」と、

僕に呼びかけ始めたことが、わかる。

でもそれは、書けば書くほど核心から遠のきそうで、

そう思ったことだけ、備忘録としてここに残す。

こんな文章を読んでくれた方には、何だか申し訳ありません。

I could hear it coming Like a serenade of sound Now my feet won't touch the ground

Gravity release me And dont ever hold me down Now my feet won't touch the ground

まとめると、こんな気分…

学生のとき聴いていた coldplay の Life in Technicolor ⅱ より。

#仕事

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら