検索
  • 岡村友章

(体を)冷(やす)茶


ここのところは、出店するときに必ず冷茶の試飲を持参しています。冷たいお茶は、私も大好き。

家では毎朝起きたら三年番茶を沸かして、

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れるのが日課なんです。

でも…やっぱりおいしいのは出来立てあつあつのとき。どうしてだか、茶が躍動しているんです。

化学的な説明はできないけれど、

躍動をそのままに頂いて、ぬくもる感じ。うれしくなっちゃいます。

そこできょうは冷たいお茶の話。

---

車をはじめとして、「ラジエーター」という構造をもつ機械があります。

ようは内部の熱を外に排出するための装置で、さもなければアツアツになって故障してしまいます。

炎天下でスマートフォンを放置していると、過熱で操作できなくなりますよね。

熱というものは大切でありながら、命取りにもなる。

人間の体にだって、もちろんラジエーターが存在します。

血液と汗です。

暑いときには汗をかいて、蒸発するときの放熱で体温を下げる。

体が加減するから、下げ過ぎることはないわけです。

でも現代、人は汗を流さずして涼を求めます。

エアコンがその代表ですね。体の調節機能とは無関係に、どんどん冷えていく。

同じようなことが、冷茶をはじめ冷たい飲み物にも言えるかもしれません。

適切な量ならば火照りをとって快適なのでしょうけれど、飲み過ぎは考えものです。

おなかを弱めてしまうばかりか、体は冷えすぎたところを再び温めようと頑張ります。

汗による調整ならば、「再び温める」なんて不要ですよね。

余計な体力を使って、最終的には…なんのこっちゃ。消耗してしまうんです。

せっかく体に備わった、どんな科学も歯が立たない「汗さま」。

汗をかけない状況があることは承知していますが、

冷房・冷たい飲み物に頼るばかりでは体を酷使してしまいます。

だから、にほんちゃギャラリーおかむらは、冷茶のすすめを以下のようにご提案します ^^

1. 氷は使わない

2. 一気飲みしない

3. 多量に飲まない

4. 熱いお茶も選択肢に入れる

とくにおすすめしたいのは、「熱いお茶」です。

ためしに、ちょっと暑いなあというときに熱いお茶を淹れてみてください。

飲んだ直後に体がかあっと火照りだして、すぐに汗が出ると思います。

ちょっと風にでもあたることができたら気持ちいいですよ。

そんな訳で、わたしは真夏でも「暑いお茶」を出店のときにご提供します。

でも、無理して飲むのはやめてね。


© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら