検索
  • 岡村友章

手揉みのお茶


久しぶりに、滋賀県の朝宮へ。

「お茶芽Dream朝宮」さんが企画運営しておられる

「朝宮お茶芽大学校」の講座を受けてきました。

内容は「煎茶手揉み体験と淹れ方教室」。

---

手揉み…本当に難しいけど、楽しい。

現代のオートメーション化された製茶工程が完成する前までは、

炭火のうえに和紙を敷いた上で手揉みをして、茶を作った時代がありました。

現代では機械化されている工程。

考えてみれば当たり前ですが、手揉みによる製茶が基になっています。

生の葉っぱを蒸し、「芯水(しんみず)」と言われる

内部の水分を揉み込みにより押し出し、徐々に乾燥させてゆく。

この基本は、手揉みでも機械でも、同じ!

---

今日はそんな手揉み製茶の後半(揉みきり・でんぐり・こくり)を体験。

講師は朝宮茶の生産者であり、手揉み保存の活動もされている井田龍平さんでした。

会いたかった人でもあり、期せずして目の前にいらっしゃったのでビックリ。

在来で無農薬の茶畑を8反も所有されているんです。在来+無農薬=私の大好物。

(1反は、だいたい1000平米)

いや、在来の話はさておき…それを言い出すと長くなる。

手揉み。

「こうやるんですよ」と井田さんのレクチャー。

… すいません、無理です!

口承と実践によってしか伝えることの出来ない技術が、彼の手に息づいていました。

めっちゃ、かっこいいですよ。

ここでは詳細を書くことができません。

あの流れを文章化することなど、到底できない。気になる人は検索してみてください。

---

確かに「マニュアル」は存在するでしょう。

マニュアルとは、「それを読めば誰でもできるもの」ですよね。

手揉みは、そうではない。

パソコンの操作手順じゃないんです。

血の通った文化そのもので、だからこそ担い手という血脈がないと生きられない。

人が伝えないと、残らない。

手つき、一挙手一投足。

真似できるものではありませんが、考えてみれば昔の田舎の人たちはみなやっていた。

私の徳島生まれの祖父も、滋賀生まれの祖母も、「やってたよ」と平然と言います。

言葉がありません。便利一辺倒の私たちの暮らしとは、一体これ如何に?

それで完成したのが、写真のお茶。わたしが揉みました。どうです?

いいカメラなので、それなりに見えるかな(笑)

風味はご愛敬 ^^;

さて次に、残った時間を使っての淹れ方教室。

難しいことはありません。

ちょっと冷まして、急がずちゃんと待ち、しっかり注ぎ切る。

朝宮茶の爽やかな飲み口にすうっと乗っかる旨み。

普段、私は個人的な好みの問題であまり旨みを感じる淹れ方を

しないのですが、それでも産地に行くと別です。

そこの人がおいしいって思うやり方で飲みたい。

淹れ方教室の途中、心に残った一言がありました。

湯を急須に注ぎ、みながシーンと浸出を待っていたときのこと。

「そんなにじいっと見つめてたら、お茶が恥ずかしがるよ」。

気張らず、厳密に淹れ方にとらわれず、

一緒にいる人との時間を楽しく過ごそうよ!という心づかい。

お茶は肩肘張らず、楽しく飲むもの。

難しい顔してたって、仕方ないですよね。

お茶芽大学の講座は毎月開催されています。

ぜひウェブサイトやFacebookをチェックしてみて下さい。

おしゃべりで快活な朝宮のおばちゃん達による、ぱっと楽しい活動です。

--------------------------------------

一般社団法人 お茶芽Dream朝宮

・ウェブサイトはこちら

・Facebookはこちら

--------------------------------------

そうそう。朝宮といえば私の番茶ラインナップのひとつ、

「いつものばんちゃ(朝宮・春番茶)」を忘れてはなりません。

いつもこれだけをお目当てにいらっしゃる方もいるくらい、

バチっとはまっちゃうと抜けられない、さっぱり系のお茶。

たっぷり仕入れたので、いつもどおり出店のとき用意してお待ちしています。

それでは、きょうはこんなところで。おやすみなさい。

#手揉み #朝宮

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら