検索
  • 岡村友章


昨夜に続き、ブログ連続投稿。

ふと思い立って実験をしましたので、その結果をシェアします。

皆さん、急須で作ったお茶って「99%以上が水」ですよ。

水って大事だなと思います。

でも一方で、こうも思いませんか?

「使う水自体の違いなんて、お茶の香味の強さに比べたら僅かだから、打ち消されてしまう。

水にはこだわらなくても大した影響は無いだろう」

どうなんでしょうね。

疑問点は自分で実験すること。だから、改めてやってみました。

---

実験に使ったお茶と水は次のとおり。

茶 / 朝宮・北田園の煎茶(やぶきた/慣行栽培)

  →浅蒸し由来のライトな口当たりと、伸びやかな旨みが特徴。

   軽いお茶なので水の影響も表に出やすいかなと考えた次第。

水 / ① 大阪府島本町の水道水(地下水90%・淀川水系の水10%)

   →塩素処理されているためカルキ臭あり。昔はもっとおいしかった。

  ② 大阪府島本町 水無瀬神宮で汲む「離宮の水」(名水百選の一で大阪府下では唯一)

   →水道水独特の臭さはなく、かといって山の水のようなパワフルさもなく、

    いい意味で主張のない水です。何に使っても邪魔にならない。

(そのほかの急須や湯呑なども、同じものを2セット用意)

同時に湯冷ましを始め、70℃程度のところで同時に急須へ。

1分半待って、同時に注ぎました。

結果。

----------------------------

①水道水の茶

 → 旨みとコクを感じた直後、独特の水臭さを微かに感じます。

   それが気になってしまい、余韻を楽しみきれない。

②離宮の水の茶

 → ①の「水臭さ」が全くなく、純粋にお茶の性格を感じます。

素直でお茶に集中できる。

----------------------------

違いはものすごく大きいといえば大きいし、

あまり気にしない方には小さな問題かもしれません。

ただし、比べたら分かります。

また水の違いだけでなく、沸かし方や使う茶器によっても

大きく結果は左右されるのではないかと思います。

一方で、こだわり過ぎるのも精神衛生上よくありません。

「もっとおいしい水があるのではないか…」なんて思いながらお茶を飲むの、

ちっとも楽しくないですよね。

丁寧に淹れた。あーおいしい。それでよいではないですか。

深く気にし過ぎないでおきましょう。

・いい水が手に入ったらそれを大切に使って、

 普段との違いを意識して楽しんでみる。

・常日ごろは水道水で十分。きっちり沸騰させて。

こんなところではないかな。

でもひとつだけ書き留めておきます。

水自体の味に大した差異がなくても、

お茶を作った場合にはそれ以上の差異となって現れる!  

水の個性が、形を変えて、またより増幅されて、

結果としてのお茶の香味を異ならしめている?と思うのです。

となれば、お米を炊くのも?みそ汁を作るのも?

ひいては私たちの身体組成そのものも?水が与える「結果」は大きいのかも。

根拠のない適当なこといって申し訳ありませんが、ひとつの予感です。

ご参考までに。

お茶って、そういうことも時々考えさせてくれる。優しくていいヤツでしょ。

#淹れ方

© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら