検索
  • 岡村友章

花園座。あなたのこと、ずっと知ってました。


こんなこともあるんだなという話です。

このたび、「山都紅茶」は人気により売り切れたのですが、生産者の岩永智子さんから別ロットの在来種でつくった紅茶を送っていただけることになりました。

その名も「山都紅茶 花園座」です。

淹れたときの甘い香りは極上としか言えません。ぜいたくな時間をどうぞ。

さて今日書きたいのはそのおいしさではなくて…このお茶との出会いです。

「花園座」の名は、この茶畑に明治~昭和初期まで存続していた750人収容の大きな劇場「花園座」に由来しています。今は名残もなく、智子さんがお父さんから継いだ茶畑があるのみ。

よくある話なのですが、農家の茶畑はひとつに固まっている訳ではありません。家の近くに点在していたり、別な町にあったりします。そのため畑ひとつひとつに名前がないと、どこの話をしているのかわからなくなってしまいます!そこで、今回紹介する畑はかつての名所にちなんで「花園座」と呼ばれているのです。

花園座茶園は今年の初夏にご案内いただきました。在来種が植わっており、芽吹いているもの、まだじっとしているもの、いろいろでした。いかにも在来種。

そして旅から帰ってからというもの、なんとなくモヤモヤが残りました。「あの花園座という場所、なんか知ってる気がする…」

そうだ!それは3年前にさかのぼります。私が家族を連れて、初めて熊本と宮崎の茶農家を訪ねてまわったときのこと。八代の船本さん、芦北の梶原さん、水俣の松本さんと天野さん、そして五ヶ瀬の宮崎さんをお訪ねしました。

その道すがら、確か水俣から北上して五ヶ瀬に向かうときだったと思うのですが…まさしくこの「花園座」が見える交差点を通ったのです。信号で車を停車させ、何気なく見渡すと茶畑がありました。「見て、ここでもお茶をつくっている人がいるんやね」と妻と話して、そのまま通り過ぎたのが、ここ山都町 馬見原だったという訳です。

まさかその畑を維持管理している農家さんと3年越しに出会うことになり、さらにいくつもある智子さんの茶畑から、他でもない花園座の紅茶のおいしさに巡り合うなんて。こんなことも、あるんですね。

「あなたのこと、ずっと知ってましたよ。これからもよろしくね」なんて気分です。

家族と長旅をした思い出に浸りながら、この紅茶をこれからご紹介することになりそう。今は子どもが二人おりますが、そのときは第一子だけ。その子は1歳にもなっていないのに無理やり連れていったのです。

ところが、九州の食べ物のうまさに目覚めたのか、この旅以来ご飯をよく食べるようになったのでした。その子も元気に成長して、いまは幼稚園の運動会の準備に明け暮れています。


© 2015-2020 by にほんちゃギャラリーおかむら